ページを見づらくする広告は評価が下がるインタースティシャルアップデート

スマートフォンを使って検索している様子WEBページが表示されると、ポップアップ広告に遭遇することがよくあります。ポップアップ広告の内容のいかんに関係なく、閲覧性を妨げることが多いので正直な話うっとうしいと感想を抱いた経験をお持ちでは無いでしょうか。この手の広告手法はインタースティシャル広告と呼ばれ手法で、ページ遷移時に表示されるのが特徴です。閲覧面でのユーザビリティを妨げる側面があるため、過剰なインタースティシャルのWEBページにおける流行振りを問題視したGoogleは、ついに2017年1月11日よりアルゴリズムの更新を行いました。それがインタースティシャルアップデートとよばれるGoogleアップデートになります。

インタースティシャルアップデート適用後は、モバイル検索結果からコンテンツに遷移したときに簡単にアクセスできないページは今後の検索結果順位においては下位に表示される可能性が高くなります。そのため今後はモバイルフレンドリーなサイトにおいて、閲覧性を妨げる邪魔なインタースティシャル表示ページは検索順位を下げることが予想されます。

インタースティシャルアップデートはアルゴリズムの更新から実施まで4ヶ月の猶予期間を設けています。猶予期間実施後に随時、検索結果に反映されているものと想定されます。
もっとも類似したGoogleアップデートは2015年11月1日にも実施されていますが、対象はあくまでアプリダウンロード侵入型のインタースティシャルを対象に限定していました。これに対して2017年に実施されたインタースティシャルアップデートは侵入型ではなく、全画面に表示されるものを対象にしています。

しかしインタースティシャルの手法すべてを、Googleでは否定しているわけでもありません。インタースティシャルアップデートの対象は全画面に表示されコンテンツ閲覧に邪魔なものを焦点にしています。逆に言えば検索ユーザーにとって有益なインタースティシャルを使用したとしても、検索順位結果への悪影響の心配は少ないと判断できます。例えば法律上の必要性に基づく警告やクッキー使用の許諾をもとめる警告画面などは、検索ユーザーの利益を図るために使用するものであって、インタースティシャルアップデートの適用対象外になっています。

インタースティシャルアップデートは現時点ではモバイル対象のみですが、将来的にはPCのSEO対策にも影響を与える可能性があります。

関連トピックス