低品質なページの順位が下がるパンダアップデート

更新検索エンジンGoogleアルゴリズムのアップデートがSEOに与える影響はしばしば甚大なものがあり、更新前は検索結果上位表示されていたのに、アップデートを境に下位に検索順位がさがる事象も珍しくありません。Googleアップデートのなかでも検索順位に大きな影響をあたえ、ブラックハットなどの従来のSEO対策のあり方に根本的な変容を迫ることになった、パンダアップデートの特徴や対策を御紹介しましょう。

パンダアップデートとは、Googleアップデートの一種で、コンテンツの中身に焦点をあてて、主にコンテンツファーム対策に関連するアルゴリズムの更新になっており、質の低いコンテンツの検索結果の上位表示からの排除を趣旨にしています。コンテンツファームとは、検索エンジンからのトラフィック数を増加させるために品質の高くないコンテンツを大量に作成する企業や業者のことをさしています。いつ実施されたのかというと、最初は2011年2月にさかのぼります。

当時はSEO対策の一環として、多少テキストの内容を書き換えただけのコピーコンテンツや、専用のツールでキーワードを用いて人間には理解不明なワードサラダなどが氾濫しており、検索エンジンのクローラーに感知させてインデックスだけを目的にした質の低いコンテンツを含むページがインターネット上ではびこり検索順位上位に表示されるなど、ユーザーファーストというには程遠い状況でした。コピーコンテンツや当たり前のことだけを羅列したような品質の低いコンテンツは検索結果上位表示されないように実施されたのが、パンダアップデートの主たる内容です。

名前の由来は白黒のコントラストがはっきりしている、パンダの容姿になぞらえて白黒はっきりつけることを目的にしている、との思いが込められているのです。検索ユーザーにとって価値の高い情報をいかに多く提供できるか、ユーザーファーストのコンテンツを高く評価するGoogleの姿勢が鮮明にされたアップデートの一種と評価することが出来るのです。名前の由来に現れているように、Googleでは検索ユーザーにとって有益なコンテンツが常に検索結果上位に表示されるようにパンダアップデートを繰り返しています。

直近ではいつ実施されたのかといえば2018年のパンダアップデートがあります。2018年の更新では検索クエリとコンテンツ内容の整合性を厳密に判断するアルゴリズムが採用されたとみられています。

関連トピックス