低品質なリンクサイトの順位が下がるペンギンアップデート

UPDATE現在では検索結果上位表示を狙うためには、それぞれのページのコンテンツの内容やクオリティの重要性が叫ばれるようになりました。
Googleの検索アルゴリズムの更新の結果、ガイドライン違反のSEO対策を中心にしたブラックハット対策を行う悪質業者の暗躍が懸念されていたからです。
しかしGoogleなどのロボット型検索エンジンが主流となって以降は、SEO対策で検索結果の最適化をはかるためには被リンクを数多く獲得することが何よりも重視されてきたのは確かです。

被リンクとは別サイトから自サイトに貼られたリンクのことを指します。
自サイトから発するリンクはあくまで対象になったページへの評価を意味するもので、自サイトのコンテンツのクオリティを保証するものではありません。
しかし外部サイトからのリンクが付くというのは話が別です。
あなたが運営しているWEBサイトのコンテンツに、共感したり有益な情報を獲得できたからこそインターネット上に拡散することを目的に被リンクを張っていると評価することが出来るからです。

しかるにペンギンアップデートが実施されて以降は、たとえ被リンクの数を多く獲得していても数だけではなくその質も重視されるようになるので被リンクによって順位が下がることもありえます。
つまりGoogleWEBマスター向けガイドラインに違反するようなスパムへのリンク構築を行っていたり、相互リンクを目的にしてURLやキーワードばかりが羅列したページで埋められているディレクトリサイトなどへの誘導をはることは、場合によってはペナルティの対象になるわけです。

ちなみにペンギンアップデートの名前の由来は、スパムなどの悪質な被リンクを含むWEBページに白黒をつけるという意味ですが、すでにパンダアップデートが実施されて以後だったのでペンギンの名前を冠しているわけです。
悪質な被リンクにはサテライトサイトをつくり自作自演を行うことも含まれます。
由来となったパンダのように白黒をつける意味では、サテライトサイトを構築して自作自演でユーザーを困惑させることも、ペナルティの対象になってしかるべきと言えます。
近年では中古ドメインを利用して、被リンクを最初から持った状態でサイト運営を始める方もいます。
中古ドメインはメリットもありますが、上記の悪質な被リンクを持っている場合はペナルティを食らうこともあります。
中古ドメインのデメリットを以下に引用してきましたので、導入を考えている方は目を通しておくと良いでしょう。

【中古ドメインのデメリット】 文字列が選べない事に起因するドメイン名の見た目の問題が代表的なデメリットです。 また、低品質な中古ドメインを使った場合に限りますが検索エンジンでの悪影響もあり、最悪の場合はペナルティ対象ともなる場合があります。

引用元:アクセス中古ドメイン | SEOに効果的な中古ドメイン販売

ペンギンアップデートの検索順位への影響は大きく、検索順位を大きく下げるサイトも続出しています。
ペンギンアップデートへの対策が必須となる所以ですが、影響が大きいと同時に現在ではコアアルゴリズムに統合されたので日々更新されています。
定期的に被リンクをコンソールなどを活用してクオリティを確認することが大事です。

関連トピックス