日本語の低品質なコンテンツをぶった切る日本語検索アップデート

検索フォーム2017年2月3日にGoogleから異例のアップデートがなされた旨のアナウンスが発表されました。特異性が際立っているのが、真正面から低品質のコンテンツ対策を発表した点にあります。具体的内容はユーザーに有益なコンテンツを提供するWEBサイトを上位表示させることを鮮明にするというものです。一方で、検索結果上位表示を自己目的にするような、低品質のコンテンツを提供するWEBサイトの検索順位は下位に沈むことが明らかにされました。

また今回のGoogleアップデートが異例なのは、日本語検索アップデートに焦点を絞っている点です。2017年前後には日本国内で、医学系のキュレーションサイトによる医学的根拠の希薄なコンテンツが多数投稿された事実が明らかになるという事件が各種メディアで広く報道されました。件のキュレーションサイトでは、医学的知識を習得した経歴もない一般ライターが根拠も希薄で、ともすれば二次的な健康被害も懸念されたところです。日本語を言語にしたキュレーションメディアは各種展開していますが、その内容の信頼性に疑念がでることは、Googleが提唱するYMYLについて重視する権威性・信頼性・専門性に対する深刻な挑戦と考えることが出来ます。もっとも今回の日本語検索アップデートは、キュレーションメディアだけを対象にしたものではないと、Googleは明らかにしているようです。

そもそも日本語検索アップデートの対象になる低品質なコンテンツとは、オリジナル性が希薄で他サイトのテキストのコピペや既存記事のリライトばかりであふれているような内容のことをさしています。2017年に実施された日本語検索アップデートは、日本独自で初めて実施されたアップデートのようです。対象は一時社会問題になったキュレーションメディアだけではなく、日本語で記述されたコンテンツにおけるコピペやリライトの多いコンテンツを幅広く対象にしています。

過去にもコンテンツの内容の品質を問題にしたパンダアップデートなども実施されていますが、初めて日本独自で実施された日本語検索アップデートは従来の更新とも異なるアルゴリズムで展開されていることが明らかにされているのです。今後も日本語検索アップデートは、サイト単位とページ単位いずれの分野においても繰り返し更新されていくものと推認されます。パンダアップデートなどで影響を受けなかったサイトでも、コピペやリライトコンテンツばかりでは、順位が大きくさがるリスクを秘めているのは確かです。

関連トピックス