Googleより気にするべきはユーザーファーストかどうか

スマホを見ながらパソコンで作業をする様子検索順位の上位を目指してWEBサイト管理者などは、日々SEO対策を意識しながらコンテンツを追加したり、サイト内部構造の構築や改善に取り組んでいます。検索順位の上位表示などを勝ち取っており、相応の期間維持していたにもかかわらず、ある日突然検索順位が大きく下った場合には、Googleアップデートが実施された可能性を考慮する必要があります。

しかしGoogleアップデートは公式にアナウンスされるような大規模な手動更新もありますが、数回のアップデートを経てコアアルゴリズムに編入された日にリアルタイムで自動更新されている場合もあります。自動更新の場合は、Googleからいちいちアナウンスされないので、ある程度の時間が経過してからアップデートが行われたかもしれない、といった回答が専門家から分析が発表される程度です。

確かにGoogleアップデートが確認されれば、更新内容に応じたSEO対策を講じる必要があるのは確かです。しかしアルゴリズムの更新が必ずしも透明性の確保された条件で実施される保証はない以上、あまりこだわるのも賢明ではないようにも思えます。少なくともGoogleが最優先しているのは、検索ユーザーにとって有益なコンテンツが提供されているか否かにあります。

そこで基本的に重要なのはユーザーファーストのコンテンツを継続的に提供することです。関連性の高いジャンルであれば、周辺分野についてのコンテンツの充実をはかることで、検索ユーザーがストレスなく必要な情報にたどり着けるようなサイト構築に取り組むことが、ユーザーファーストの実践的中身になります。

最優先するべきなのはユーザーにとっての有益性との視点にたてば、ユーザーテストの実施やナレッジグラフなどの改善を挙げることが出来ます。
ユーザーテストとは、WEBサイトの使いやすさを検索ユーザーに試してもらうことで問題点を洗い出し、検証して改善に役立てる情報を収集することです。またナレッジグラフとは検索キーワードに関する情報をまとめて表示してもらう仕組みのことになります。いち早く検索ワードに関する情報を完結に表示することを目的に2012年に導入されました。関連性の高い情報も表示されるのでユーザーファーストの検索表示を可能にします。

Googleアップデートに対策を継続的に立てることはSEO対策で重要なのは確かです。それと同時にユーザーファーストのコンテンツ更新に勤めることも、同等以上に重要な課題の一つです。

関連トピックス