SEOインターネットを通じた情報収集や検索が日常生活にあっても、各種の業務にあっても必要不可欠なインフラの一つになっています。必要な情報をたちどころに探し出してくれる今日のインターネット環境を可能にしたのは、言うまでもなく検索エンジンの存在を抜きにしては語ることが出来ません。かつては検索エンジンの中にもディレクトリ型検索エンジンのように、一定の基準で人間の目で登録の可否を判断して検索結果に反映させるスタイルも活況を呈していましたが、情報量の膨大化と検索ユーザーの天文学的規模での展開をみていることから、ロボット型検索エンジンがすっかり主流の地位を占めるに至っています。

ロボット型検索エンジンの代表格といえば、いわずとしれたGoogleになります。インターネット利用が一般的に普及したことで、WEBマーケティング戦略を構築しないでも各種の事業において成長戦略を検討することは困難になっているほどです。WEBマーケティングにおいて売上や問い合わせなどのコンバージョンにつなげるためには、検索結果順位上位に評価されることの重要性が幅広く認識されるようになりました。その上位表示の可否評価を決定しているのが、アルゴニズムになります。アルゴニズムとは検索クエリを入力したときに、上位表示の可否を判断するプログラムのことです。

アルゴニズムの更新は順位変動をもたらすため、WEBマーケティング関係者にとっては、警戒するべき事象と認識されていますが、ユーザーのためのアルゴニズムをGoogleが指向しているのは確かです。Googleアップデートの歴史は順位変動の経緯だけにとどまりません。Googleアップデートは公式twitterで公表されているコアプログラムの大幅な更新以外にも、Tweakと呼ばれる小規模なアルゴニズムの微調整を一日平均二回実施していると推測されています。Tweakもアルゴニズムの更新という意味でGoogleアップデートの一種に間違いありませんが、小規模な微調整に止まるものはあえてアップデートと呼んでいないようです。

順位変動に影響を及ぼすコアのアルゴニズムのGoogleアップデートは、公式twitterでも公表されスタッフによりアナウンスされるようです。他方で一日平均二回実施されていると見られるTweakは水面下で粛々と進められています。アップデートとSEOの関係は順位変動を中心に、WEBマーケティングにおいて重要な分岐点になりえると考えられているのは確かです。

関連トピックス