スマホ・ガラケーに対応モバイルフレンドリーアップデート

スマートフォンGoogleに代表される検索エンジンへのトラフィック流入は、インターネット検索が一般的に普及して以降、ながらくPC経由の検索ユーザーが首位の地位に君臨してきました。しかるに最近の携帯端末ユーザーの増加、とりわけスマートフォンの爆発的普及は従来の様相を一変させるに至っています。現在ではもはや検索エンジンの検索ユーザーの比率においては、すでにPCユーザーをスマートフォンなどの携帯端末ユーザーが上回る状況になり今後もこの傾向が継続するものと見られています。

ところが従来のGoogleなどの検索エンジンではPC経由のトラフィックを前提にした、インデックス結果を表示する内容になっているので、検索結果上位ページにアクセスしても文字サイズや画像サイズなどが携帯端末では把握しづらかったり、ページスピードが遅かったりとユーザビリティの点で大きな影響を及ぼしていたのです。そこで検索エンジン最大手のGoogleが、スマートフォンなどの携帯端末が想定的に検索ユーザーで多数を占めている状況に対応したのが、モバイルフレンドリーアップデートになります。

モバイルフレンドリーアップデートとはモバイル仕様に文字サイズや画像サイズを最適化します。特にCSSコードを縮小し、データサイズを大きく圧縮させることでページスピードを上昇させてユーザビリティを向上させることを主眼にしているのです。
モバイルフレンドリーアップデートはCSSコードを縮小してデータスピードを早くするといった利便性の側面を改善させるだけでなく、SEO対策にも影響を与えるものと見られています。具体的にはタップやズームしなくても表示されるコンテンツや、再生できない動画が含まれていない・横方向に画面が動かないコンテンツを含むページの検索順位が上昇しているようです。反対にこれらの対応がなされていないWEBページでは検索順位を大きく下げた現象が発生しています。

検索ユーザーにおけるスマートフォンを中心にした携帯端末に対応していないWEBサイトは、今後は検索順位の下落などSEO対策上重大な影響を受けるものと予想されます。自サイトがモバイルフレンドリーに対応しているのかは、モバイルフレンドリーテストを受けることで現在の状況を確認することが出来ます。方法は簡単でモバイルフレンドリーサイトにアクセスして、自サイトのURLを入力してテストを受けるだけです。仮にモバイルフレンドリーでないと判定されたら、自サイトを見直す必要があります。

関連トピックス