2015年初期から導入された検索アルゴニズムAI、RankBrain

AI検索エンジンを巨大なプログラムと想定すれば、対応が必要な事態が発生した際、その都度、検索ユーザーに有益なコンテンツを提供できるように繰り返されてきたのがGoogleアップデートになります。

公式にアナウンスされる、大規模なアップデートは数年に一度の頻度のものもありますが、コアアルゴリズムに組み込まれた場合はリアルタイムで更新されているようです。従来のアルゴリズムの更新は、技術者や専門チームの人間がプログラムを作成してるという点では共通しています。ところが2015年初期には、検索アルゴニズムに大きな変更が加えられています。2015年初期にはAIである、RankBrainが検索アルゴニズムに加えられることになりました。ここに加わったAIとは、コンピューターが人間の指示を受けることなく自主的に各種の情報を素材として自立学習することです。

RankBrainとは、Googleが開発したAIを用いた人工知能システムであって、表示速度を上げたり検索意図を推測することで最適化をはかることが出来るものです。実際にRankBrainが行っているのは、検索ユーザーが入力した言葉と完全には一致しなくても、似たような言葉で検索意図に親和性がみられる検索結果を表示することを目的に機能していると見られています。従来は、英語の単数形と複数形では語尾にSなどの文字の有無で全く違う言葉と認識され、最適な検索結果をもたらすことが困難でした。検索意図まで配慮した検索アルゴニズムの更新は、ハミングアップデートなどでも実施されていたところです。

RankBrainの登場は、コンテンツを検索するときに字面が類似している似たような言葉について着目するのはもちろん、検索意図を推測し、関連性をもつクエリまで検索の対象を広げることで、より検索ユーザーの動機にとって最適な検索結果の表示を可能にしてくれます。

ところでGoogleでは、日々30億もの検索クエリを処理しているとされています。しかも、現状でも15%の検索クエリは、いまだかつて誰も検索していないものとされています。とりわけ複数の言葉からなるロングテールキーワードの処理は非常に複雑なものとなっているようです。RankBrainの導入によって関連性の見出されるクエリをより良く解釈し、表示速度も速くすることで、検索ユーザーに最適のページを表示する際に大きな貢献をするものと期待されています。

関連トピックス